ネットワークエンジニアというのは、これからますます需要が増えることになるのだ。要するにこれから間違いなく、ネットワークを使った商売が増えることになりますから、それに対しての技術者というのは、たくさんいたほうがよいのである。★まず、ネットワークエンジニアというのがどんな仕事をして、そして何が業績として評価されるのか、ということを理解しておくことが大事である。★それはネットワークを構築して、安定した運用をすることであり、それが何よりの業績になるのだ。

ネットワークというのは、まずは安定していることが大事であり、出来るだけ不安定にならないように運用することこそが、最重要なところであるわけだ。システムを構築して終わり、というわけではなく、それをずっと使うことができるようにしておく必要があるのだ。これがなかなか難しいことであり、そして、ネットワークエンジニアとしては有難いことである。何故かといいますと定期的に仕事を請けることができるようになるからだ。仕事の成果としては、やはり安定したシステムを作ることであり、そして、それを簡単に運用することができるようになるようなものである必要があるわけだ。ネットワークのエンジニア、というのは単独のシステムというよりは複数のシステムと連動しているべきであるのだ。そうしたシステムを作ることができることが大きな業績として評価されることになるから、技術が大事なのだ。