フリーエンジニアというのは、自由業ですから、自己裁量で仕事をすることになるのである。
雇われているわけではないので、そもそも残業という概念がないのである。それをよく理解して、働くべきなのであるが、問題なのはすべてのことを自分でやるべきところである。
つまりは、経理もやりますし、営業もやるのである。自己管理というのが最低限必要なスキルになりますから、フリーとして独立しようとしているときには客観的に自分の能力を見定めるべきである。

フリーエンジニア、というのは人が思っているほど楽ではないですし、お気楽でもないのである。
何故かといいますと、それはすべてが自己責任であり、残業は言うに及ばず、工程に至るまですべてを把握しておくべきであり、基本的には言われたことをやればよい労働者とは違うのである。
確かに労働をしているのは間違いないのだが、自由業であり、そして、自立しているのである。

技術があれば良い、というわけではないところが難しいことであり、コネなども重要になるのである。
税金の申告や決済なんかも自分でやるわけですから、仕事ではスペシャリストであり、そしてその他の能力もそれなりにある必要があるのである。
だからこそ、フリーランスで働く、ということにはリスクがあるのである。

しかし、上手くすればすべては自分のものになりますし、残業なんかもないように働くことができるようになるのである。
それが良いところである。