インフラエンジニアは企業においてはその情報システムの導入から運用、保守管理に至るまでを担う仕事であり、さらに広い意味で言えば、ある組織の運営に役立つ情報技術を司る仕事である。組織を効率的に機能させるために必要なアップデートを行ったり、障害発生時にトラブルの解決を行うというのが日常的に行う仕事となる。

新しい技術開発を主眼としてIT系の企業で働くシステムエンジニアと比べると、仕事の現場に競い合うような熾烈な雰囲気はなく、どちらかといえばその組織を安定して運営させるために常に冷静な判断をすることが期待される職種であるという特徴がある。そのため、時代の最先端で働くことを望んでエンジニアになることを目指してきた人からはあまり好まれない傾向にある。しかし、最先端での仕事は体力的にも精神的にも負担が多く、若いうちでないとついていけなくなってしまうこともある。そういった際に選ばれる転職先の1つとして人気がある賞種である。

一方、保守点検を主としてしまってよりよいシステム開発についてはあまり積極的ではないインフラエンジニアが多いことが問題になることもあり、インフラの導入をアウトソーシングする企業も増えてきている。フリーランスの中には優秀な人材もあり、そういったところに依頼することによってより効率的な社内システムの導入を実現しているのである。そして、その保守を雇用したインフラエンジニアに任せることでうまく企業の情報部門を運営しているのである。