ビジネスに携わる企業は、コンピューター技術をいち早く取り入れてきた。
コンピューター技術のビジネスへの導入には、専門の技術者が必要となる。このことから、システムエンジニアという技術者が、ビジネスの分野でも多く見られるようになった。
コンピューター技術は年々向上し、エンジニアの仕事の内容も変わりつつある。
新しいコンピューター技術の企業内への導入が、より効率的な業務遂行の力になる。企業内に構築される業務システムの運営にも、コンピューターのハードウェアやソフトウェアに深い知識を持つ技術者が不可欠である。

現在のコンピューター技術で大きな進歩を遂げているのが、ネットワーク通信の分野である。
企業内に社内LANを構築することで、各オフィスのコンピューター資源をリンクさせ相乗効果を発揮させることが可能となる。
ただし、ネットワーク構築や運営では、常に正常に機能するように心がける必要がある。

通信に問題が生じると、本来の業務にまで大きな支障をきたすことになる。
システムエンジニアが社内LANの安定的な運用をサポートすることで、企業が行っている業務の大幅な高率化が守られる。さらに、社内LANの運用では、セキュリティ対策が重要な課題となる。
ウイルスやハッキングといったリスクに、企業内の社内LANも晒されている。
そのため、ネットワークシステムの管理運営を任されているシステムエンジニアは、万全のセキュリティ対策を社内LANに付与することが必要である。